モバイルと携帯は賢く使い分ける

料金プランや使用目的による選び方

格安SimとポケットWiーFiには、それぞれ料金プランがあります。
特に会社が増えている格安Simは料金プランが多様化しています。データ通信のみで使用するのか、音声通話も含めるのか、夫婦や家族割引などもありますし、使用するGBの数によって料金を分けたりしています。
ポケットWiーFiについても同様に料金設定がありますが、格安Simほど複雑ではありません。平均しても月額三千円から四千円前後くらいが相場でしょうか。その中に端末代金も含まれているのが一般的です。使用できるGB数も7GBまでと制限されています。端末に関しても各社それほど差はないので、ポケットWiーFiの方が比較的選びやすいと言えるかもしれません。
それに比べると格安Simは、料金プランもそうですが、電波のキャリアやGB数、使用目的によって選択肢が多いのでじっくりと選んでいく必要があります。

組み合わせることで何がお得になるの?

そんなポケットWiーFiと格安Simですが、組み合わせ方によってはお得に使うことができます。
まずは毎月使用しているGB数がどのくらいなのか、調べてみましょう。もし毎月10GB以内で収まっているとしましょう。ポケットWiーFiは7GBまで使用できますので、格安Simの方は3GB程度で契約すれば問題ありません。無駄に12GBや20GBで契約してしまっては、その分スマホの料金が高くなってしまいますし、毎月GB数を余らせてしまうことになるので非常に損をしてしまいます。毎月どのくらい使用しているのかを把握し、うまく組み合わせて契約することが節約に繋がります。
また、格安Simを提供している会社の中には、ポケットWiーFiを同時に契約することでポケットWiーFiの端末価格を無料にしているところもあります。少しでもお得となるように、何パターンかでプランニングしてみることも大切です。